社会福祉法人 湘南育成園
ささりんどう鎌倉
アクセス 関連リンク TOPページに戻る
施設のご紹介
施設の概要はこちら
スタッフ紹介はこちら
1日のスケジュール
行事・イベントはこちら
行事・イベントはこちら
海外研修
サービスのご紹介
特別養護老人ホームはこちら
ショートステイはこちら
デイサービスはこちら
在宅介護支援センターはこちら
地域包括支援センターはこちら
地域包括支援センターはこちら
求人情報
職員募集はこちら
お知らせ
規則規定・資料
公告
施設の概要
■所在地  〒247−0074 鎌倉市城廻270番2
■TEL  0467−42−3701
■FAX  0467−42−3685
■開 設  平成14年
■定 員  入所:70人
 4人部屋:20室 / 個室:11室
■入所窓口  生活相談員
 受付時間9:00〜18:00
 ※ご来所の際は、事前にご連絡下さい。
ささりんどう鎌倉は平成14年(2002年)に歴史のある鎌倉の地に設立されました。
城廻という美しい自然に囲まれた閑静な住宅地の山の上に立地しています。

職員が24時間365日でチームワークを重視しつつ専門性を発揮することにより、利用者様の健康をまず第一に考え、楽しいライフスタイルが持続できるよう心掛け運営しております。

ご家族、お友達の方にもぜひ施設を訪れていただき、清潔で明るく、広々とした施設内を直接ご覧いただきたいと思います。専門分野スタッフが対応させていただきますのでいつでもお問合せ下さい。
【エントランス】 【2階浴室】 【浴 室】

施設長あいさつ

施設長写真

 2007年12月、私はヤル気満々でささりんどう鎌倉の施設長となった。その時と今の運営方針は変わっておらず、入所者やご利用者へ直接サービス提供をしている現場の介護職員の生活の質の向上を目指している。

 ささりんどう鎌倉を振り返ると、2002年1月の設立時は、特養、ショート、居宅の3つの事業所運営を開始。その3ヶ月後はデイサービス、2009年には鎌倉市内初の地域包括支援センターが当施設に設置された。

 数年間は人生の中でもいちばん苦労をしたが、徐々に功績が認められ、2014年にNHKと都道府県ネットワーク放送、労働安定センター調査の上で全国の中から11施設が選ばれ、内2件の職員育成についての記事、また日本経済新聞にも掲載された。2015年度中は第三者全国評価が多く、1月に日本経済新聞に2度目の職員育成記事が書かれ、同年5月には職員専用の鎌倉市内初 施設内無認可保育室を設置したため鎌倉タウンニュースと鎌倉生活新聞に掲載。また役所の待機児童ゼロの方針と協力したため6月に4度目の高齢者新聞掲載となった。2016年4月、施設内無認可保育から県内でも許可数の少ない施設内認可保育室ササKIDSの開園が認められた。開園3ヶ月目で定員110%となり地域の認める高い評価を得ている。

 2015年度、介護チームと看護チームの合同効果として「買い物リスト」のようなケア環境と共に職員の成長が見えた。まず1つ目は、3年間連続で入所者感染症がゼロ(インフルエンザ・疥癬・ノロウィルス)。2つ目は、11名を看取り、介護と看護の特科したチームケアで、ろうそくの火が消えるまで大切にケアをしてあげたということだ。

 その他施設側としては、 職員「育成」に基づき、介護福祉士資格取得のための全額試験費用を法人が負担(4名の合格者)。サービス向上を目指し常勤職員43名を外部の研修へ参加。(185回以上/555時間以上=1人/約4回の研修)外国人育成のため、2014年度初めより、施設内勤務中に「日本語授業」の受講。6名の外国人が介護福祉士を目指し週1回、外部より日本語講師を招き、授業(宿題有り)を行う。その結果、2015年度2名が日本語能力試験5級に合格。

 雇用側の応援としては、他ではなかなか得られない有給休暇取得率のアップをチームの共通意識として持ち、有給を取得できるのは職員の権利という意識を持ってもらい仕事にも専念していただく。(パート職員200日以上550日以上)また夜勤手当アップも基本給とは別に1回当たり125%増額をし、約24時間働いてくれる職員を更に応援。

 介護員としてプロ意識を持ち、責任を持って日々の仕事に携わってもらいたいため、各々に「マイ目標」を持ってもらう。計画、実行(PDCAサイクル)、目標の具体的な進みと達成が多く見られチームケアを向上となる。職員へ“あなたの目標とは何ですか?”と、ご家族様より問いかけてみてください。

 社会育成としては、直接ケアをしている特養の介護職員4名をベトナム海外研修へ参加させた。ベトナムの介護施設・日本語学校・高等学校等を見学し、セーフティーネット(介護保険/社会保険)がない国の高齢者ケアを実際に見て感じてもらった。

 2016年度、私は施設長として今までより更に全職員のQOL向上に努力し、職員一人ひとりを大切にしたい。入所者様は入所から退所まで、またご家族やご利用いただいている方々、そしてささりんどう鎌倉の職員たちを自分の家族と同様に思う気持ちで今後も皆のために一生懸命色々な山を乗り越え更に施設環境をよくしたい。




事業のご紹介

■特別養護老人ホーム(定員70名) 特別養護老人ホームについてはこちら
要介護3〜5と認定された方がご利用になれます。
サービス計画に基づいて食事・入浴・排泄等の介護や日常生活の援助、機能訓練、栄養管理、看護ケアその他のサービスを行います。

■ショートステイ(定員18名) ショ−トステイについてはこちら
要介護または介護予防と認定された方がご利用になれます。
利用者の心身の機能の維持と家族の負担の軽減を図るため一時的に入所し、入浴、食事、リハビリなどの介護や日常生活支援や機能訓練を行います。

■デイサービス(定員35名) デイサービスについてはこちら
月曜日から土曜日、9:55〜17:05まで(7〜9時間)、介護予防の方、または要介護と認定された在宅の方がご利用になれます。看護師の健康確認の後入浴、体操(一日2回)、食事、機能訓練、レクリエーション等のサービスを行い一日お過ごしいただき、ご自宅まで送迎いたします。

■居宅介護支援事業者 居宅介護支援事業者についてはこちら
介護保険制度に関する相談や介護保険法、在宅福祉サービス、介護方法の指導介護計画、ケアプランの作成を行います。

■地域包括支援センター 地域包括支援センターについてはこちら
地域包括支援センターは、高齢者の生活を総合的に支えていくための拠点です。
住み慣れた地域で安心して暮らしていけるように、医療・介護・福祉などさまざま面から、高齢者やその家族を支えています。高齢者ご本人や家族、地域住民、ケアマネジャーなどから受けた悩みや相談を、適切な機関と連携して解決に努めます。

このサイト掲載内容には著作権が存在し、無断での転載・転用・複製及びまたは加工は禁止いたします。
このサイトへのリンクご希望の方は事前にメールにてご連絡くださるようお願いします。
Copyright (c) SHONANIKUSEIEN. All Rights Reserved.